女の人

妊婦の便秘はとっても大変【しっかり栄養をとって健康に過ごそう】

妊娠中のお通じの改善

妊婦

女性は妊娠すると便秘がちになります。子宮に負担を掛けないために、腸の動きが抑制されるのです。しかし、妊婦さん当人には辛いことです。妊娠中の便秘への対処は、食物繊維を多く摂ること、また薬を用いるのであれば、水酸化マグネシウムがお勧めです。市販の便秘薬のように下痢になることはなく、体に優しい薬です。

詳しく読む

妊娠中にはサプリ

フラワー

サプリメントを利用することが、母親や生まれてくる子供の未来につながります。妊娠中の体はデリケートな状態であり、様々な栄養素を必要とします。カルシウムや葉酸など、必要な栄養素を撮り続けることが将来的な健康に繋がるのです。

詳しく読む

女性の健康を守る

女性

不規則な現代人の生活を支えるためには、日常生活での工夫が必要です。睡眠不足であれば休憩時間に短時間の昼寝を行ない、栄養の偏りがあるのであれば、サプリメントなどで不足している栄養を補給することで健康をサポートできるでしょう。

詳しく読む

解消する方法

お腹

悩んでいる人は多いです

現在妊婦の方で、便秘に悩まされている方は、非常に多いです。今まで便秘はなかったのに、妊婦になったとたん便秘になったという方もいらっしゃるでしょう。自分が健康ではないと心配されるかもしれませんが、それは妊娠したことによって、ホルモンバランスが変化し、大腸のぜん動運動を抑制する働きがある黄体ホルモンの分泌が活発になること、つわりにより食事が取れない、運動不足になってしまったことなどが原因で起こることですので、前向きに解消方法を考えることが大切です。まず、市販の薬を絶対に飲まないことです。これは場合によって胎児に影響が出るからです。便秘があまりにもひどい場合は、お医者さんに相談することです。勝手に、薬を飲んではいけません。妊婦でなくても、便秘をしたときに、簡単に市販の薬で対応しようとする人がいますが、もし便秘状態が長く続いているようであれば、医師に相談することも視野に入れましょう。何より自然のお通じが一番良いですし、薬を飲むと、薬を飲んだ時だけ便が出るという状態になり、根本的な解決にならないからです。

解消方法はあります

解消方法はいくつもありますが、飲み物や食べ物で解消することをおすすめします。その中でも一番のおすすめは、ヨーグルトの摂取です。これなら、つわりがきつくて食べられない妊婦さんも比較的食べやすいです。そこにプラスしてほしいのがバナナです。バナナには腸を整えてくれる栄養素が含まれているため、ヨーグルトに加えると、さらに効果はアップします。また体を冷やすことは厳禁ですので、できれば温めてから食べてください。ヨーグルトやバナナを温めて食べることに抵抗がある人もいますが、慣れれば美味しいですし、バナナは温めることで、栄養素の効果がさらにアップするのでお勧めです。ただバナナは糖分を含んでいるため、食べすぎには注意してください。あと、ヨーグルトもできるだけ、糖分を含んでいるものではないプレーンヨーグルトにしてください。