笑顔の女の人

妊婦の便秘はとっても大変【しっかり栄養をとって健康に過ごそう】

妊娠中のお通じの改善

妊婦

健康的な食事を

女性は妊娠すると便秘がちになります。普段からお通じが思わしくない人は、更に重症になります。妊婦さんが便秘がちになるのは、お腹の赤ちゃんを守るために、腸の動きが抑えられるためと言われています。子宮のすぐ傍にある腸が激しく動くと、妊娠初期には流産の危険性があります。赤ちゃんを守るために、体が腸の動きを抑制するスイッチを入れるのです。しかし、妊婦さん当人にとっては辛いところです。赤ちゃんに悪影響があるので、市販の便秘薬は使えません。対処法としては、食物繊維を多く含む食品を食べることですが、つわりの時期になると、それも難しくなります。どうしてもお腹が張って苦しい時は、便の水分補給となる水酸化マグネシウムを服用することがお勧めです。水酸化マグネシウムは、腸そのものを刺激することはないので、赤ちゃんにも安全です。

水酸化マグネシウムの効力

水酸化マグネシウムは、別名健康的な便秘薬とも言われています。腸の動きを活発化させる一般の便秘薬とは違って、腸の中の便に水分を補給して、お通じを促すのです。そのため、妊婦さんも安心して服用できます。市販の便秘薬と違って、便が下痢状になることはありません。排便は普通のお通じ変わらないので、便意を我慢することもできます。排便時に肛門に負担がかからないのも、妊婦さんにとってありがたいことです。つわりが酷くて食事が十分に摂れない時でも、水酸化マグネシウムは頼りになります。副作用もなく、体に優しい便秘薬として、水酸化マグネシウムは人気を高めています。妊娠中はもちろん、産後の体が大変な時期にも、十分使える薬です。